フリードスパイクの特徴をレビュー!

フリードよりも車内に余裕がある

フリードスパイクは、フリードの内外装を変更した兄弟車です。動力などは基本的に同じなので、ほとんど「双子車」と言ってもいいくらい似ています。

 

ただ、異なる点もあります。フリードスパイクは2列シートを採用しているため、車内が非常に広いというメリットがあります。シートを倒すとフルフラットの広大な空間が完成するため、大人二人がラクラク車中泊できるのは大変魅力です。

 

また、荷室が広く取れるため荷物を大量に積み込むことができるのも良い点です。反転フロアボードが荷室に備わっており、スロープとして使ったり、荷室の高さを変えられるのはフリードにはない機能です。低燃費も相まって遠出をしたりキャンプなどのレジャーをする際に活躍するはずです。

 

先ほども書いた通り、動力に関してはフリードとほぼ同じ。1500ccのエンジン(ハイブリッドはプラスモーター動力)となるため馬力は88馬力となりほどほどのパワーを備えています。ハイブリッドなら燃費性能は21.6km/リットルとなりミニバンとしてはかなりの低燃費です。

 

値引き状況は?

 

マイナーチェンジしてから少し経過しているので、値引き状況は好転しています。フリードに比べてやや売り上げが落ちるためフリードスパイクの方が値引き幅は大きめ。ホンダディーラーとの競合や、在庫車狙いなどが有効となります。

 

あとは、キャラがかぶっているキューブ、ポルテなどとのライバル車競合も使えます。多角的に攻め込むことでさらなる値引きを引き出しましょう。車体価格20万円引き以上、オプション値引きと合わせて25万円以上の値引きが取れれば合格点です。