フリードスパイク 値引き

フリードスパイクの値引き

ホンダフリードスパイクの値引き額詳細

車体価格値引き限界額 オプション値引き限界額
10~17万円 2~4万円

 

合計限界値引き額:21万円

 

ホンダの人気ミニバン「フリード」の内装などを変更し、2列シート車にしたものがフリードスパイクです。コンパクトカーという位置づけがされますがどちらかというとミニバンに近く、価格帯も200万前後と若干高めです。その代わりエンジンも1500ccとコンパクトカーの中では大きく、パワフルな走りが楽しめるのが特徴で、ハイブリッド車も用意されています。

 

値引き状況としては、コンパクトカーの中では値引きできるほうですが、価格を考えると若干渋めの車種と考えていいでしょう。ただ、普通ハイブリッド車は値引きが渋くなる傾向がありますが、フリードスパイクはハイブリッドとガソリンエンジンの値引き幅がそれほど変わらないため、ハイブリッドに乗りたいならねらい目の車種となります。

 

フリードスパイク値引きのポイントとは

 

なんといっても他のハイブリッド車との競合が有効

 

新車値引きの王道といえばやはりライバル車との競合ですが、フリードスパイクにはハイブリッド車種もあるのでガソリンエンジン車との競合はあまり効果がありません。そもそもガソリンエンジンとハイブリッドでは土俵が違うのです。

 

従って、フリードスパイクと競合させたいならプリウスαやカローラフィールダーHVなどのハイブリッド車種をぶつけるのが最適です。あらかじめプリウスαなどの値引き交渉をしておき、見積書をとってフリードスパイクの商談をするとかなり大きな効果があります。競合相手はアクアでもいいですが、価格帯が若干アクアの方が安いので勝負に持ち込めるかは交渉テクニック次第です。

 

いずれにしても相手はトヨタ車。他のメーカーについては現状ではあまり考えなくてもよいでしょう。

 

ホンダディーラー同士の競合

 

ホンダのディーラーは、かつて経営母体の異なるさまざまなディーラーに分かれていた影響で、今でも経営元の異なるディーラーがたくさんあります。そのため各ディーラーごとにノルマがあり、達成させるためには他のホンダディーラーを蹴落とすこともためらいません。

 

したがって、フリードスパイクを値引きするには複数のホンダディーラー同士を競合させるのが有効なのです。隣の県のホンダディーラーにいって見積もりを取ってくる越境交渉も効果があります。

 

オプション値引きも忘れずに

 

自動車の値引きには、「車体価格値引き」と「オプション値引き」の2種類があります。車体値引きとオプション値引きでは管轄が違うので、それぞれで値引きの交渉術も変わってくるのです。

 

ネット上でよく言われている「限界値引き額」はオプション値引きを含んだ金額です。そのため、車体値引きだけを追求していても限界値引きは引き出せません。いかに欲しいオプションの価格を割引できるかが限界値引きの勝負ポイントとなります。ただ、オプション値引きは難易度が結構高いです。なんとなく交渉してもかんたんに断れれてしまうでしょう。

 

そこで便利なのが、契約寸前でのオプション値引き交渉です。もう契約する一歩手前というところで「そういえばこのオプションが欲しいんだけど、値段上がっちゃうかな?」などと切り出せば、相手に「安くしないと契約がダメになるかも」というプレッシャーを与えることができ、高確率で値引きを引き出すことができます。

 

欲しいオプションが大量にあるときはこの方法は厳しいですが、2~3個しかないときは効果絶大なのでぜひ使ってみてください。